ホーム蔵書検索研究成果ライブラリリサーチアカデミアミュージアム東洋文庫について

語学講座
 
2日で学ぶ与那国語
 
(チラシ用画像) 山田真寛
国立国語研究所・准教授
(講師顔)
 与那国語は沖縄県八重山郡与那国町で話されている琉球諸語の一つです。与那国島の60代以上の人たちが日常的に使っていますが、子どもたちへの継承が途絶えている消滅危惧言語です。本講座では音声付き絵本や動画を使いながら、自己紹介やあいさつなどのフレーズ、基礎的な語彙と文法を学びます。

 【講座コード】 90206
 【金額】 17,400 円
 【持ち物】 筆記用具
 【講座期間・曜日】 2019年2月16日〜2019年2月17日 土曜、日曜集中

【カリキュラム】
第一回2019年2月16日土曜日10:30〜12:00教室:2階講演室第1回 自己紹介とあいさつ:与那国語の音と表記法、付属語など
第二回2019年2月16日土曜日13:00〜14:30教室:2階講演室第2回 ことば遊び絵本『くい んだし あんびんだんぎ』:形容詞・動詞の活用1
第三回2019年2月16日土曜日15:30〜17:00教室:2階講演室第3回 ことば遊び絵本『くい んだし あんびんだんぎ』:形容詞・動詞の活用2
第四回2019年2月17日日曜日10:30〜12:00教室:2階講演室第4回 ディンサー節:与那国語と消滅危機言語
第五回2019年2月17日日曜日13:00〜14:30教室:2階講演室第5回 昔話絵本『ディラブディ』:与那国島
第六回2019年2月17日日曜日15:30〜17:00教室:2階講演室第6回 昔話絵本『ディラブディ』:敬語

現在、募集しておりません  

印刷用チラシ  




このページのURLは  




古代オリエント博物館・自由学校
古代オリエントの文化や言語、美術について学べる、
古代オリエント博物館の市民講座です。